Kota Koshigoe Architects & Associates

 

Works

 

事務所を兼ねた自宅の計画。

都心で土地を探していると、間口が狭く奥行きが深い、いわゆる鰻の寝床を勧められることが多い。

1年程かけて、数多くの土地を見に行ったが、ほどんどが間口4m程の周囲を隣地建物に囲われた土地であった。

 

そんな中、接道長さ11m以上ある土地が見つかった。

18坪かつ鋭角な三角形という、難易度の高い土地であったが、道路側には窓が取れ、

息苦しさを感じない住宅がつくれるのではないかと考え、取得に踏み切った。

 

狭小敷地の場合、高さ制限をクリアし、天井裏や小屋裏を計画するなどして、最大限の面積を確保していくのが

設計のセオリーである。土地の形に合わせて、建ぺい率・容積率いっぱいの床面積を確保し、

接道する東側に大きな開口部を設け、屋根には巨大なトップライトを設置して光と風を入れる・・

当初はそのようなプランを練っていた。

 

「光と風を取り入れ、緑に囲まれながら息苦しさを感じずに暮らしたい」

極めてシンプルであるが、これが自分にとっての理想の住まいである。

都心の狭小・変形敷地であるが、どうしてもこの想いを諦められず、半年ほど悩んだ末、平面的な広さを捨てた。

具体的には、最大60%の建ぺい率を、30%程度しか使わず、敷地面積の2/3を土として残す計画である。

住み始めるとこの効果は大きく、隣家と適度な距離を取りながら、光と風を取り込む住まいとなっている。

 

市街地では、一般的に隣地境界線から50cm外壁を離して建物を計画する。

この建物同士の隙間は死に地と呼ばれ、エアコンの室外機を置くか、野良猫の通り道くらいしか使い道がない。

この住宅の場合、一辺4mの正方形平面を、三角形の長辺に合わせる形で、道路から30度程度振って

配置している。これにより、小さいながら3箇所の庭が残り、死に地はほぼゼロに出来た。

 

天候の変化、四季の移ろいを直接に感じられる住まいであればそれでよい。

平面計画からディテールまで、余計な装飾は一切せずに、植樹した緑が季節ごとに様々な色を見せてくれる、

そんな住まいになればよいと考えた。