Kota Koshigoe Architects & Associates

 

Works

 

密集市街地に建つ住居。

南面以外の3方向を建物に囲まれ、光をどう取り込むかがテーマでした。

 

2階をリビングとし、大型のトップライトを4箇所設置することで、

夕方まで全く照明に頼らず生活できる、明るい空間としています。

 

ダイニング、リビング、ロフトは間仕切りのないゆったりとした空間。

トップライトからの光が回り込むだけでなく、どこにいても家族の気配を感じます。

 

家族構成は夫婦と4人の子供たち。

個室をどう考えるかも、この住宅の大きなテーマでした。

 

提案したのは、一人ずつ部屋を仕切るのではなく、みんなで過ごせる大きな一室。

階の高さを通常の1.5倍として、ロフトを就寝スペースとしています。