Kota Koshigoe Architects & Associates

 

Works

 

敷地南側はアパートの駐車場となっており、建物を北側に寄せて南に庭を取ると、出入りする人に見られてしまう

ことから、あえて建物を南側に寄せて配置し、コの字型の中庭住宅としています。

 

リビングダイニング、子供室、寝室を敷地境界に沿って配置し、中央に大きな中庭を計画しています。

この配置計画により、アパート側からの視線を気にすることなく、道路への飛び出しも気にせずに、

子供たちが走り回って遊べる中庭空間を獲得しています。

 

ガレージから中庭、玄関まで水平に連続する庇も、この家の特徴となっています。

この庇により、雨の日でも軒下空間を利用できるだけでなく、中間領域として内部と外部を緩やかに繋ぎます。